MENU

 先日、知人が所有しているBMWを運転する機会がありました。
初めて外国の高級車といわれる車を運転したので、事故を起こさないようにと緊張の連続で運転をしました。

 

 まず、運転をする前に驚いたことは、ドアが日本車に比べて重量感があることです。
やはり、事故などが起きたときに外部からの衝撃から身を守るためにドアの側面もしっかり設計されているのだなと感じました。

 

 次に驚いたことは、車内の内装です。
私が乗ったのは3シリーズのE90というモデルの車種に乗車したのですが、車内がとってもラグジュアリーに作られており、素敵な空間だなと思いました。

 

 このように、驚きばかりで車内に入った私は、ついにエンジンをかけて運転をすることになりました。
運転をしてすぐに感じたことは加速が今まで乗っていたどの車よりいいということです。

 

ちょっとアクセルを踏んだだけなのに40キロぐらい出てしまいます。
本当にびっくりです。

 

また、ハンドルも日本車と比べると重く感じますが、操作しやすいように設計されているおかげで全く運転のときに重さを感じませんでした。
 本当にびっくりづくしのBMW乗車でした。